資産運用(投資)とは?

収入を得る方法としては、

@給与など自分で働いて収入を得る!

というのが一般的ですが、その他にも

Aお金にも働いてもらい収入を得る!

という方法があります。

お金にも働いてもらうのが投資です

自分で働いて収入を得て、その内の一部を投資に回し、お金にも働いてもらえば、資産の増加が加速していきます。アメリカなどでは株式や投資信託などを通じた投資が一般的です。日本にも少しづつ変化が現れてきていて、今後投資が一般的になって行くと思います。

少子高齢化や人口減など、給与収入が大きく伸びていくような状況が見込みにくいですから、お金にも働いてもらう『投資』の重要性がますます高まっていくと思います。

貯金も投資の一手段ですが、銀行などに預けて銀行が代わりに運用して、その儲けの一部を利息としてもらう(間接金融)ため、リスクは低いですが儲け(利回り)も少なくなってしまいます。

一方、株式投資などで直接会社などに投資する(直接金融)とその分リスクは高まりますが、高いリターンが期待できます。


預金などに加えて、株式投資などの直接投資も楽しみましょう♪


次のページへ
前のページに戻る
トップページへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104338467
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

トップページへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。